--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-07(Thu)

ウシガエルの威嚇する声がビックリ脱力系


草っぱらで人間に見つかったウシガエルさん。
ちょいちょいとちょっかいを出されて、ついに堪忍袋の緒が切れ、怒りの雄たけびをあげますが…

続きを読む

スポンサーサイト
2015-03-20(Fri)

全長5.2メートルの王者ギュスターブを超える巨大ワニ!?


巨大ワニといえば推定5.2メートルといわれる王者ギュスターブ(Gustave)だと思っていましたが、なんとそれを上回るワニ達がいるそうで…。Cassius(5.48メートル)、Brutus(5.6メートル)、Lolong(6.17メートル)。もうここまでくると恐竜認定してもいいのではないでしょうか…。

続きを読む

2014-03-06(Thu)

カメムシの悪臭に吐き気を催す猫

窓際にイタカメムシにちょっかいをかけたネコさんでしたが、ネコさんも見てるこっちもビックリな結末に!ニオイに敏感な生き物には破壊力ありすぎるカメムシさんの異臭攻撃でした…。


続きを読む

2013-08-06(Tue)

海水浴シーズンに注意したい猛毒「イモガイ」

刺されると死に至る猛毒を有する危険生物であり、ヒョウモンダコとともに磯遊びやダイビング時における要注意生物の筆頭に挙げられている。日本では、太平洋側では主に房総半島以南、日本海側では主に能登半島以南など、黒潮や対馬暖流などの暖流の影響の強い地域に見られる。本土では直接黒潮に接する千葉県や和歌山県、高知県などに多くの種が見られるが、南西諸島を抱える沖縄県や鹿児島県は種類が格段に増え、特に沖縄県では約110種を数える。
(出典:Wikipedia)

続きを読む

2013-08-06(Tue)

海水浴シーズンに注意したい猛毒「ヒョウモンダコ」

小型だが唾液に猛毒のテトロドトキシンを含むことで知られ、危険なタコとされる。身の危険を感じるとこの唾液を吐いたり、または痛みなしに噛み付いて注入する。フグと同じ毒のテトロドトキシンは解毒剤がなく、呼吸困難に繋がる麻痺を引き起こし、酸素不足から心停止に至る。応急処置は傷口を押さえ、心臓マッサージを行う。病院での治療は毒が体から排出されるまで酸素マスクをつける。症状が悪化すると、特に子供は体が小さいために非常に危険である。一般的には噛まれてから24時間が経過すれば回復に向かう。
(出典:Wikipedia)

続きを読む

2013-07-24(Wed)

危うくクジラに丸呑みされかける!

大海原でダイビングをしていたところ、海面に無数の泡が浮き上がりはじめ…!クジラは海底で泡を円形に吐き出し小魚を水面へ追い立てるそうですね。映像では2頭の巨大クジラが浮上してきますが、一糸乱れぬ見事な丸呑み漁ではありませんか。それにしてもダイバーは無事でよかった…。

続きを読む

RSSリンクの表示
お問い合わせ
リンクについて
  • Link Free
  • 相互リンク募集中です。
  • 相互リンクについて
  • リンク (個人)


    FC2ログイン
    スポンサー
    カテゴリ
    ランキングサイト
    検索フォーム

    スポンサー
    スポンサー
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。